文化系 手話部

聴覚に障がいのある人たちは、聞く・話すという言語活動の最も大きな部分に障がいがあるわけですから、社会の中で生活していくのに不自由を強いられています。
そのような聴覚に障がいのある人たちとの間を取り持つのが手話法です。
週に1回、外部手話講師を招いて基礎的なことから指導を受けています。
手話を学び、少しでも奉仕活動をしたい、そして共に生きる社会づくりの役に立ちたい、というのが私たち手話部の目的であり、願いです。

練習時間 木曜日 17:00~18:00
顧問 横山 真由美
実績 5月 岐阜地区身体障害体育大会の補助
6月 岐阜県障害者スポーツ大会の補助
10月 岐阜県障害者スポーツ秋大会のお手伝い
11月 手話スピーチコンテスト(希望者)出場
12月 聾学校生徒とのクリスマス交流会
顧問より一言 日常生活で使う手話を楽しく学びましょう。