日々の授業、高大連携講座や課題研究を通して、福祉に必要な技術を基礎から学べます。
さらに、体育の授業やレクリエーション活動の中で、心と体の健康を育むための実践力を身につけます。

学びの特色

  • 福祉の成り立ちから高齢者の心や体についての理解など福祉の基礎・基本を習得。
  • 体育や施設実習、課外活動を通して、健康と福祉における「こころ」を育成。
  • 中部学院大学、同短期大学部との高大連携講座で専門スキルを養成。

3年間の流れ

1年

福祉に関する基礎知識・学力の徹底強化と豊かな人間性を育む土壌を形成

2年

幅広い専門技術・知識の習得を目指す

主な専門科目

  • 社会福祉基礎
  • 介護福祉基礎
3年

身につけた技術を実践的・発展的に学習し、更なるステップアップを目指す

主な専門科目

  • コミュニケーション技術
  • 介護総合演習
  • 課題研究

トピックス

高大連携講座・地域交流講座でスキルアップ!

中部学院大学、同短期大学部との高大連携講座を2・3年次に行い、大学の先生から直接授業を受けたり、実技講習を行います。また、学生と共に学ぶことで福祉に関する意識が高まります。

高齢者施設(グループホーム)の職員による認知症サポーター講座を実施

卒業後は・・・
中部学院大学の人間福祉学部・同短期大学部の社会福祉学科への学院内推薦制度を使っての内部進学が可能です。
※社会福祉士、精神保健福祉士を目指す場合は、人間福祉学部へ。

専門科目で実践力アップ!

コミュニケーション技術・・・高齢者とのコミュニケーション方法を演習を通して学びます。
介護総合演習・・・介護の事例をもとに、問題解決能力を身につけます。
課題研究・・・自ら福祉の課題を設定し、実習を通して研究します。

目指す進路

中部学院大学(人間福祉・看護リハビリテーション)、中部学院大学短期大学部(社会福祉)、日本福祉大学、同朋大学、名古屋学院大学、岐阜保険短期大学(リハビリテーション) など

先生からのメッセージMESSAGE

川上 亮輔 教諭(福祉)

済美での3年間で、福祉の「こころ」を身に付けてほしいと思っています。
介護に関する知識や技術はもちろん必要ですが、一番大切なものは相手を思いやる気持ち、そしてそれを実践する行動力ではないでしょうか。
介護実習やボランティア活動を通して、済美で「こころ」を育てましょう!