2018.09.19
No.37 岐阜県高校剣道大会女子団体 準優勝 

8月11日にせきしんふれ愛アリーナで行われました第46回岐阜県高校剣道大会で、本学女子剣道部が準優勝しました。

他校では3年生が出場する中で、本チームは1年生の樋口絢子さん(神戸中)、赤尾桃佳さん(羽島中)、岩田美海さん(岐南中)、峯本若奈さん(本荘中)と2年生の上羽坪夏美さん(羽島中央中)、奥田香織さん(境川中)、酒井優衣さん(長森中)の7名でチームを構成しました。

1回戦2回戦と勝ち進み、準々決勝で高山西高校、準決勝では美濃加茂高校に勝ちました。決勝では、3年生が残る市岐商と戦い、惜しくも優勝を逃しました。

試合を振り返り、主将の酒井優衣さんは、「今までの練習の成果が少しずつ実ってきていることを実感できる大会だった。強い気持ちと仲間の団結で一つ一つ勝ち進むことができました。初めての決勝戦では、強い緊張感や今まで味わったことのない雰囲気に力を出し切れませんでした。この悔しさをバネにして、これからも今の自分たちに満足することなく、感謝する心と向上心を持って日々の練習に取り組んでいきたい。」と語りました。