2018.10.22
No.46 国体3名入賞!ライフル射撃部

10月3日に行われた、第73回国民体育大会ライフル射撃大会ビームピストル少年女子40発競技で商業科3年の小枝朱梨さん(長良中)が3位、同男子60発競技で普通科1年の吉村和徳君(本荘中)が4位となりました。また、5日に行われた10mエアーライフル少年男子立射60発競技で普通科3年の高橋諒君(青山中)が7位となり、本校からこの競技に参加した3名すべて入賞しました。

吉村君は、『1年から国体という大きな大会で戦うことができ、また結果を残すことができ大変うれしい。これからも今以上の結果を残せるよう毎日毎日頑張りたい。』と話してくれました。また、高橋君は、「今回の7位は自分としては悔しい。試合を通して改善点に気づいたので、大学に進んでからもより一層磨きをかけていきたい。」と意気込みを話してくれました。

3位に入賞した小枝さんは、『済美高校に入学して友人に誘われてやり始めたライフルですが、自分に合っていたのか、どんどん上達しました。しかし練習ではいい結果を出せても、試合になるとなかなか結果が残せませんでした。顧問の松巾先生やコーチの渡邊先生からは、日頃の生活態度や考え方が本番の成績につながるから、いつも自分に厳しく生活していくことが大切と言われて、そのことに心がけて練習してきました。今回、高校生活最後の大会となる国体で3位入賞となりました。本当にうれしい気持ちでいっぱいです。済美に来てライフルを知り、多くの先生からたくさんのアドバイスを受け、この結果をいただくことができ、関わっていただいた皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。この経験を、これからの生活に必ず生かしていきます。』と喜びを語ってくれました。