2018.10.22
No.47 国体健闘!陸上部

73回福井国体陸上競技の部(105日から9日、福井998スタジアム)に本校陸上部の2名が出場し、健闘しました。

普通科3年の浦野奈央さん(大垣東中)は、岐阜県高校総体走り幅跳び競技で三連覇し、高校では二回目となる今回の国体では23位でした。また、初めての全国大会出場となった普通科3年の臼井未涼さん(境川中)は円盤投げ競技で24位でした。

臼井さんは、「いろいろな方に応援していただけることに感謝できた試合でした。高校最後の全国大会で集中して試合に臨むことができました。幸せな時間をいただき感謝しています。卒業しても競技を続けます。」と語ってくれました。

浦野さんは、「陸上は個人競技ですが、済美の陸上は常に仲間を意識して活動しているところが魅力でした。『仲間がいないと強くなれない。』そのことを強く感じた三年間でした。顧問の先生方には、一人一人の意思を大切にしていただき、自分のやりたい環境の中で練習できるよう指導していただき、感謝しています。今回の大会では、『陸上がやはり好き』と強く感じました。大学でも続けます。」と話していました。