2019.07.17
NO.17 製菓実習を行いました

6月18日()に3年生活文化コースの生徒が、岐阜調理専門学校の岩屋先生による製菓実習を行い、デコレーションケーキを作りました。今回の実習では、スポンジ生地から作るということで、生徒はいつもとは違う難しさを感じながら実習をしたようです。

 家でよくケーキを作るという戸上メグさん(那加中)は、「砂糖を温めることや、型に入れたときに生地の空気を抜かないことなど、ケーキづくりのコツを教えていただきました。クリームを回転台でぬることや果物の飾りつけが楽しかった」と話していました。

 スポンジから作ったのは初めてという山田梨央さん(輪之内中)は、「家でケーキ作りをするときにやらないことがたくさんありました。卵をミキサーで混ぜたときにすごく滑らかな生地になり驚きました。生クリームをぬるときに、全体の分量を考えながら仕上げるところが難しかった」と話していました。

 ケーキ作りの最後に、岩屋先生にチョコレートでハッピーバースデイとお祝いの言葉を書いてもらった山田さんは、「楽しくたくさんのことを学びました。次は、誰かのためにケーキを作って喜んでもらいたい」と話していました。