2018.07.21
No.23 バトントワーリング大会東海支部大会1位

7月15日(日)・16日(月)に、名古屋市の日本ガイシスポーツプラザ(日本ガイシホール)で開催された第43回バトントワーリング東海支部大会において、「選手権トゥーバトンB決勝U-18」で3年生の石原彩乃さんが1位、3年生の山北紗里奈さんが5位に入賞しました。また「スリーバトンA」で2年生の江崎柚実さんが8位に入賞しました。なお、石原さんはダンストワールでも9位に入賞しました。

3年生の二人は、今回新しい種目にも挑戦してみようと思いトゥーバトンに出場したと話してくれました。石原さんは「練習はしていましたが、この種目で試合に出るのは初めてなので落ち着いた演技を心掛けました。1位という結果は大変うれしい。」と話していました。2年生の江崎さんは、昨年練習中に左ひざのじん帯を損傷しケガをして10か月ぶりの試合でしたが、スリーバトンA8位入賞となりました。試合後、「久しぶりの試合でうまくできるか心配でした。治療中は仲間の励ましで活動を続けることができ、今回の入賞は大変うれしく思っています。」と話してくれました。顧問の平松先生は、「1年生は、高校からバトンを始め2回目の公式試合となるが、それぞれ技術が向上してきていることが確認できた。また、3年生の石原さんは演技に迫力があり、日頃の練習の成果が良い形で出て、部全体としても励みとなり大変うれしい。」とのコメントをいただきました。