台風・大雨・洪水・交通機関のスト時における
生徒の登下校について

1. 岐阜市に特別警報・暴風警報が発令されている場合。

  1. 午前6時30分の時点で警報が解除されている場合は、平常通り授業を行います。
  2. 午前11時までに警報が解除されている場合は、解除後2時間を経てから、当日の授業を始めます。
  3. 午前11時を過ぎてから警報が解除された場合、又は引き続き解除されない場合は、当日の授業を中止します。午前授業日は、午前9時の時点で警報が解除されていない場合は当日の授業を中止します。
    なお、通学範囲内において台風の進路、交通機関の障害、道路、橋の破壊等で登校が危険だと判断される場合は登校に及びません。

2. 生徒の登校後に、岐阜市に特別警報・暴風警報が発令された場合。

  1. 台風の中心位置、進行速度方向、発令時における気象状況等より判断して、全生徒を安全に帰宅させ得ると認めた場合には、当日の授業を中止して速やかに下校させます。
  2. 学校より遠隔に居住する生徒の帰宅は困難と認めるか、既に戸外の通行は危険と認める場合には、当該生徒を戸外通行の危険がなくなるまで、学校に残します。学校に残した生徒は校内の最も安全な場所に集めます。

3. 大雨洪水・大雪警報発令中

交通機関に支障にないかぎり登校してください。

4. 名鉄、JRの双方がストの場合

登校に及びません。ただし交通機関に支障のない者は登校してください。
※3,4の時間的なとりきめについては1の1~3に準じます。

5. 地震について

  • 登校前に震度6弱以上の大地震が発生した場合。
    ①余震のおそれがなくなるまでは、当日の授業を中止します。
    ②報道機関、地方公共団体などからの情報で、安全の確認ができた場合には授業を行います。ただし、道路、橋の損壊などで危険な場合、交通機関の停止、自家の被害が著しい場合は登校に及びません。
  • 登校後に震度6弱以上の大地震が発生した場合。
    ①下校途上の安全が確認できるまでは学校で待機させます。安全の確認ができた方面から順次下校させます。
    ②翌日以降の授業については、安全の確認ができた場合には再開します。
  • 東海地方を震源とする地震予知判定会が招集された場合
    ①登校前(登校中を含む)に地震予知判定会が招集された場合は登校に及びません。(速やかに帰宅させます。)
    ②登校後に地震予知判定会が招集された場合には学校の指示で順次下校させます。
    ③登校前に地震予知判定会による警戒宣言が解除された場合は、当時の授業を行います。授業の開始については、1に準じます。